前へ 伝の会TOP 次へ 戻る

鉄九郎の青?裸々な日常 第111号


2005年1月1日〜31日

志の輔師匠と一年契約!?

1月1日(土)
朝起きると、まず車に積もった雪をおろす。良い天気になったので15センチくらい積もっていた雪は意外にあっけなく溶けた。お年始だー。鉄平乗せて家元宅へ。あれっ、いつもの元旦より道路が混んでるぞ。

1月2日(日)
昼間は暖かい。その間に外出して、夜はジッとしとく。ほんま、寒さに弱くなったわ

1月4日(火)
そういやぁ、小野木さん(古典空間社長)とサシで飲んだことってあったかな?イヤと言うほど飲んではいるが大抵誰かが一緒だなぁ。サシで会議はしたことあるけど、ただ飲みに行くということは未だかつてなかったことかも・・・。小野木さんとも、はや12〜3年のつきあいになりますかね。ということで新宿に飲みに行きました。まぁよく飲みましたね。伝の会の話はもちろん、友だちとして色んな話をしましたね。

1月5日(水) 仙台
やってきましたー、仙台。こないだから仙台から通っているのお弟子さんがいて、僕がこっちに来たのだからとお稽古をする。てつくろ初稽古なのだ。
お弟子さんに連れられ「せんだい泉エフエム放送 http://www.fm797.co.jp/」へ。「HOME and DRY」という番組に出させていただく。パーソナリティの、米澤牛さんはなかなかステキな俳優さん。楽しい時間を過ごすことができました。
夕方、妻の実家へ。仙台の父母も元気そうでなによりだ。

1月6日(木) 仙台
家元(忠五郎師匠)のお弟子さんの忠美恵さんという方がこちら(仙台)でお師匠さんをやってるんですね。せっかく僕も仙台に来たので、お稽古場にお邪魔しました。

1月9日(日)
鉄十郎師匠のお稽古場にいきました。今年三月に師匠のお浚い会があって、そこへ出演するお弟子さんたちのお稽古のお手伝いです。

1月10日(祝)
成人の日ですな。一日あわただしく出かけておりました。 

1月11日(火) 獅童くん宅のお稽古
今年初めてですな。今年もめっちゃくちゃ忙しい獅童事務所です。

1月12日(水) お稽古日
今日から今月のお稽古が本格的にはじまります。今回は随分と冬休みをとらさせていただきました。その間にやらなきゃいけないこともたくさんあったんだけど、手つかずにしてしまったことが山のようにあるのはなぜ?

1月13日(木) お稽古日二日目
新年会もあり、みなさん浚うものがたくさんあって頼もしい限りですが、夜の最後の人の稽古になると声がでなくなってきました。でもひょっとしたら唄い過ぎなんじゃなくてシャベリすぎなのかも。

1月14日(金) 京都
朝、京都にいました。ここ何ヶ月か、定期的に来ている。かぼちゃ亭でのライヴは何年やっただろうか?あそこでのライヴが出来なくなったのは淋しい。せっかく京都でライヴを続けてきたのに・・・・。どこか他に出来る場所はないものかと、いろいろご紹介を受けたりしています。今回はとても有意義な時間でした。これをどう現実にするかというところです。夜中に勝彦くんにも会えた。

1月15日(土) 新年会
朝五時に起きて新幹線に飛び乗って帰宅。いまにも雪が降りそうに寒い。 あいにくの雨だわ。お昼を過ぎるとみんながやってきた。恒例の「三味線弾いて宴会だぁの会」今回も僕らが長唄の数々を演奏している間に、二階のキッチンで高津さんのご主人のヒデさんが腕をふるってくれている。
宴会が始まると、さすがに今日は雨ということもあり、庭に出てはしゃぎまわって、やたらに酔っぱらうということもない。あたしゃ、今朝の五時起きが効いたのか眠たいのだ。でも声が枯れるくらいはしゃべっていた。

1月16日(日)
朝九時起床。二日酔いナシ。妻と鉄駒はぶっ倒れている。俺って大したものだ。

1月17日(月) 獅童くん宅のお稽古
来週から二月松竹座の稽古に入ってしまうため、今日が今月最後のお稽古だな。

18日(火)
朝出かけて、夕方ダッシュで帰宅してお稽古。

1月19日(水) 共立女子大学
古典空間社長の小野木さんが講師をつとめる共立女子大学に行く。今日が今期最後の講座なのだそうだ。「歌舞伎と長唄」みたいなテーマに乗っ取って1時間強のライヴといいますか、講座といいますか、やりました。
百数十人という学生達、一、二年生だということでね。この子たちと邦さんの長女の苑子ちゃんと同い年なんですね、おっそろしいですな。苑子ちゃんもそういう年ですかね。いい子に育ってますからね、今や伝の会ではなくてはならないスタッフですからね。学生たちも苑子ちゃんと同じくらい良い子たちでありました。

1月20日(木)
保護者会というものに出席してみた。小学校のね。お母さんばかり20人くらいの中に男は僕だけ。そりゃそうだろうな。なかなか楽しいものだなと思いましたね。

1月21日(金)志の輔らくご21世紀は21日 新宿明治安田生命ホール
大好きな大好きな立川志の輔さん。
「そばにいさせていただけませぬか?」と手紙を書いたら、「いらっしゃい」との返事。
本日は安田生命ホールでの「志の輔らくご21世紀は21日」というタイトルの独演会。
ドキドキしながら行きました。
出囃子を弾かせてもらうことになったのです。
午後五時、志の八さん、志の春さんと出囃子の練習をする。
久々に松元ヒロさんにお会いする。ヒロさんは、この6年続いてる安田生命ホールの独演会の最初からのレギュラーで、お昼のニュースをその日の夜にパントマイムで紹介するというスゴイことをやっている人。
「どうしたの?」
「いや、出囃子弾かせてもらいに」
「えっ、師匠の?」
「ええ、弾かせてくださいと」
「ひゃーー、生でやるんだぁ、じゃお弁当食べてさ」
と、わけのわからない会話をしながら楽屋に待機です。
開演が午後7時。志の輔さんが楽屋入りするのは6時30分くらいなんです。談志師匠ゆずりの怖い顔で楽屋入りですからね、話かけられないしね、打ち合わせなどできません。さーて、うまく弾けるかなぁ?噺家さんの出囃子というものは、何度か弾いたことはあるのです。色んな噺家さんのを。でもその時はかるーい気持ちで弾いてますでしょ。今回は自分で名乗りをあげたんですから。なんだか全然気持ち的に違いますよね。開演してしまえば、あっという間でね、出囃子三つ弾いて、あとは聞いてるのです。なにが良いかって、間近で志の輔さんの噺が聞けるのですからね。弾き終わったって舞台の袖から離れませんよ。
「壷算」やってヒロさんのコーナーがあって「藪入り」でした。良かったですねぇ、ノッテましたねぇ。
アンコールで幕が開くと「鉄九郎さんいるかなぁ?」と舞台に呼んでくれましてね、「今年一年よろしくおねがいいたします」と言ってくれました、泣けますね、ニクイことしますね。
打ち上げではいろんな人に会います。山崎ハコさんにはビックリしました。なんか話しかけて来てくださったので、とにかく握手してくださいと。
志の輔さんが
「本当に来て弾いてくれるとわなぁ」
「そりゃ、来ますよ、好きなんですから」
「いやぁ、だってさぁ」
・・・・
この後の会話は内緒ですが、とにかく実のある話をたくさんしました。
来月が楽しみだぞ。

1月22日(土) 松永懇親会
ワインバー・ギンザで懇親会。オーナーの臼井さんが松永の名取でね、ステキなお店なのです。コリドー街を真っ直ぐ新橋に向かったところです。16年前の懇親会もここでやりました。それ以来ですね。臼井さんには毎年会っているのに、16年間お店には来なかったのです。なんと冷たいと思いますわね。違うのです。何度も来ようと試みたのですが、元来の方向音痴のせいで、たどりつけなかったのですな。ともあれ、久々にこさせていただきました。

1月23日(日)
お弟子の鉄駒と鉄六が滝野川会館で稽古をしているというので様子を見にいく。彼女たちのステージが近日中にあるのだ。

1月24日(月) 羽鳥小学校
本日から月末にかけて三つの小学校に行きます。茨城県茨城郡美野里町に「美野里町四季文化館みのーれ」という施設があります。すばらしい公共ホールなのです。そこの主催で毎年一月は地元の小学校に音楽を聴かせようといことをしているのですね。
自分とこのホールに子どもたちを呼んでそこで演奏を聴かせようというのでなく、自分たちのホールがあるにもかかわらかず、小学校に出向いて行って、音楽室という子供達と近い空間で音楽を聴かせようという企画です。
伝の会がやっていることと全く同じのことを公共の人たちがやっていたのですね。これには感動いたしました。しかも全校生徒を体育館にまとめて聞かすのでなく、ひとクラスずつ聞かすのですから、これも伝の会がやってきたことと同じ。いやぁ、びっくりしました。
今までは洋楽を聴かせていたのだそうですが、今年あたりから邦楽をということで、古典空間からは伝の会とあんみ通が行かせていただくのです。スケジュールの関係で3日間しかうかがえなくて残念なんですが。
みのーれの関秀樹さんが担当してくれています。
邦さんと常磐道を走って9時前に羽鳥小学校に到着いたしました。5年1組と5年2組の2公演をやりました。ひとクラス35人くらいですかね。素直な子供たちでね、楽しかったです。小学校に行くと、いつも給食をいただきます。大抵校長室で校長先生たちと雑談しながらいただくのですが、クラスで食べてくださいとのこと。これは楽しいですね。邦さんか1組で僕が2組でみたいな感じでいただきました。
みのーれにも行かせていただきまして館長の山口茂徳氏、館長補佐の長谷川進氏ともお会いし、関さんには大ホール、小ホールと見学させていただきました。あと二回来られる美野里町、楽しみです。

1月25日(火) 一日中稽古日
一日中稽古日でないときもあるんですが、今日は11時から22時くらいまでずーっとお弟子さんがとぎれることなくお稽古日でした。

1月26日(水)
 雪が降っている。みぞれから雪になったってな感じ。今日は寒いなあ。朝から内装の人が二人やってきて、家の中をあれこれやってくれている。来客好きな二匹の猫は、この寒さも忘れてはしゃぎまわっている。

1月27日(木) 竹原小学校
美野里町二日目です。4年1組と4年2組の二公演です。本日も楽しかったです。楽しんでもらったでしょうな。本日はみのーれのレストランで食事をしたのですが、まぁおいしいですね。ここがおいしいのだとは聞いていましたがおいしかったですね。お肉もさることながらとれたての野菜のサラダなんてのはすごいですな。あと、ヨーグルトもおいしいのです。

1月28日(金)
昨夜は家元宅でNHK-FM「邦楽百番」のリハーサルでした。「舌出三番叟」と「君の庭」を。

1月29日(土)
先週、久々にヨーコさんに髪を切ってもらいました。お腹が大きくてね。「まだ生まれないでしょうからカットできます」と言われ、でかけていきました。もういつ生まれても良いというお腹でした、女の子ということがわかってるそうで。

1月30日(月)
鉄駒と鉄六のユニット、スクイーズ☆ハジキーズの稽古を見る。

1月31日(火) 堅倉小学校
今日がこの企画の最終日ということで、トリは伝の会ってなことですな。なんと勇気のある「みのーれ」。最初の4年松組の回にみのーれの館長も来てくださり、うれしい限りでしたね。よくウケてました館長。
三線を持っていくの忘れてしまいましてね、沖縄デュオができなかったのが残念でしたね。
次の4年竹組は、子どもたちの火をつけすぎちゃって盛り上がりすぎちゃいました。まぁ、それも良いのですが。なにはともあれ、子どもたちが長唄三味線聴いて楽しんでくれたことはまちがいないので。
校長室で給食をいただきまして、みのーれに行き、館長とも関さんともお別れです。なんだかとっても淋しい気持ちになりました。たった三日間通っただけだけど、とっても充実した三日間でした。どの音楽家もここに通ってみたら、帰るのが淋しくなるような所ですよきっと。それに、この企画に携わってる人たちが良いんだねぇ。また来たい町と人たちでした。機会があるといいなぁぁぁぁ。
帰りにサービスエリアに寄って、小野木・邦・九会談を。岐阜のこと京都のこと大阪のことマンダラのこと本公演のこと・・・・他にも行けそうなとこも出てきました。今年は動くぞーーー。


前へ 伝の会TOP 次へ 戻る