前へ 伝の会TOP 次へ 戻る

鉄九郎の青?裸々な日常 第20号


2000年3月6日〜3月15日
(今回は前進座「鳴神」巡業の日記です。巡業期間は3月8日〜4月14日。巡業の詳しいスケジュールは邦寿・鉄九郎の予定・近況をご覧下さい。)

6日
 前進座「鳴神」巡業の舞台稽古のため前進座劇場へ。久しぶりに会う前進座の人達、なんかなつかしいなー。そんなに会ってなかったかな。昨年の五月国立公演以来か。けれど巡業というと2〜3年ぶり(今回鳴神上人は嵐圭史さん、雲の絶間姫は河原崎国太郎さん)。唄方は佐之隆さんをタテ唄にワキ唄を佐近さん、六昶ご(にんべんに吾)さん、五功次くんと交替する。三味線は邦さんをタテ三味線に僕、浩基くん、寿哉くん。舞台稽古の後、花柳かん(習元っていう字なんだけど)一さんのお宅へ。8月のイタリア・ドイツの打ち合わせのためお邪魔する。表参道のコムデギャルソンのすぐ近所という良い所。コムデギャルソンの前を通ったら、「コートの直しが出来ているはずだ」ということに気が付き取りにいく。いやー意外なところで用が足りた。

7日
 お稽古日.夜「えぞ菊」でしょうゆらーめん。

8日
 前進座歌舞伎「鳴神/狐山伏」巡業公演始まる。
長唄メンバーはタ(カ(佐之隆)さんとカオル(佐近)さんに邦さんと僕。15:01 名古屋駅着。東京が暖かかったせいか名古屋駅に降りたった途端ひんやりとした空気に肩をすぼめた。名鉄に乗って江南駅へ。さむー、みぞれまじりの雨が降ってる。徒歩で江南市民会館へ。6:15 狐山伏開演(これは用がない)。7:30 鳴神開演。佐之隆さん佐近さん邦さん僕をいうメンバー。大ざつま・黒みす・大ざつまと約1時間の舞台をつとめぶじ終了。名鉄に乗って伏見モンブランホテル606にチェックイン。4人で初日の乾杯を(我々は初日の集いと呼んでいる)。久々に「みちゆき」に顔をだし就寝(倒れるように寝た)。

9日
 11:10 の近鉄待急に乗り伊勢市駅に向かう。
この電車の揺れが僕の体調し合わないらしく、すっかり酔ってしまう。12:32 伊勢市駅到着。伊勢シティホテル602にチェックイン。邦さんと駅周辺を散歩する。真冬の晴れ日というような天気で風が強い。「ぎゅうとら」というおもしろい名のスーパーマーケットで牛丼を買う(これがおもいもかけずおいしかった)。5:00 いせトピアに入る。車で移動中に伊勢市駅と宇治山田駅がすっごく近いことに気づく(徒歩5分位)。9:20 終演。宇治山田駅前の焼鳥屋によって(4人で)帰る。

10日
 ゆっ<り起きてホテル内の「松阪牛石かわ」でランチを食べる。みそかつとイカさしがたっぷりで、これが思いのほかおいしかった。これで680円なんて!
ブラブラと宇治山田駅まで行ってみると「ようこそお伊勢さんへ」と書いてある。そうそう伊勢神宮だよなー、2〜3kmのところにあるらしい。も、と早起きするべきだった。あと伊勢の名物といえば「赤福」。伊勢うどんもある。5:00 いせトピアの楽屋に入ると、やはり伊勢神宮に行ってきたという人がいて、色々話を聞く。終演後ホテルまで送ってくれたお手伝いの人が「おいしい魚を食べさせる向井というところがありますよ」と言うので、さっそく4人ででかける。

11日
 名鉄に乗って名古屋に戻る。今日は移動日(公演がない日)なのでのんびりすごす。邦さんと名古屋地下街を歩いていたら「Voice」(注1)を見付けた。載ってる載ってる「平成の麒麟」、大きな写真が4枚。2人して買ってしまった。夜、邦さんと寿司屋行って「みちゆき」で騒ぐ。
(注1)PHP出版「Voice」にて伝の会が紹介されました。3月10日全国発売。「平成の麒麟」というコーナーでグラビア写真4ページ。桜川ぴん助さんの文章とともに伝の会が紹介されてます。

12日
 名鉄に乗って国府宮(こうのみやと読むそうな。はだか祭で有名)駅の稲沢市民会館へ。2:00 開演4:30 終演。栄の寿司屋と台湾料理をはしごして11:00 には部屋に帰る。

13日
 巡業中はホテルの朝食が付いてることが多い。朝食をとる習慣のない僕には朝食券を無駄にすることが多かったが、今回はしっかり食べている。今日も和朝食を食べたら腹持ちが良く夜まで持った。
近鉄で四日市駅へ。大きな街だ。チサンホテル902にチェツクイン。ちょっと歩きまわるが、何ぶん冷たい突風が吹き続けていて(東京は小春日和だというのに)寒い寒い。
四日市市文化会館 6:15 開演8:45 終演。
外へでると突風がおさまっていた。今夜こそ鍋が食べたいと探し回るがこれといった所がなく全国にチエーン店がある居酒屋でちゃんこ鍋を食べる。あーあったまった。

14日
 「ツーッ、ツーッ」ということで(四日市駅から近鉄に乗って30分位)津駅にやってきた。津ターミナルホテル305に入室したが、相変わらずの寒さに街を歩く気にもなれず昼寝する。 三重県総合文化センター 6:45 開演9:15 終演。
4人で「櫓」という居酒屋に入ったら、トンボ(ビンチョウマグロ)のトロ(シビトロ)、伊勢湾のアサリ(バター焼)、甘えびの脳みその塩辛などなかなかのものだった。

15日
 3年ぶりの巡業で身体が疲れたのか、毎晩のお酒がたたってか、調子が悪い。 三重県総合文化センター 1:30 開演4:10 終演。
「八の単」というお勤めの方で超満員の居酒屋へ行く(いつもの4人)。早々に帰りゆっくり寝よっと。


前へ 伝の会TOP 次へ 戻る