前へ 伝の会TOP 次へ 戻る

鉄九郎の青?裸々な日常 第83号


2002年10月1日〜16日

縄跳びスータト!?

10月1日(火)
戦後最大の台風ですがな。やってきましたやってきました。昼すぎから何やら怪しげな雰囲気になってきて、夕方にはワーっとなってきましたよ。そんな中、邦さんが3日のライヴの稽古のために稽古場に来てくれました。稽古終わった頃にはすっごい降りになっていて、な、なんと稽古場の一部屋で雨漏りが発生したのです。そこはさすがの邦さんです。ゴミ袋と洗面器でチョイチョイと対処してくれました。 “台風も、邦さんいれば怖くない”・・・あた、ましたぁ。

10月2日(水)
いやぁ、暑い。すっかり晴れた本日。台風は時速180キロくらいで通りすぎて行ってしまいました。台風一過の今日は真夏日です。今夜も邦さんがやってきて明日の練習です。同時に12月のマンダラの企画も考えているのですが、もひとつスカッとしたアイデアが浮かばないんだなぁ。

10月3日(木) 南青山マンダラライヴ
「中国帰国報告音楽会」ですな。団長はじめ関係者の方々が大勢来てくださいました。前半は中国のことをいろいろ話しながら曲弾いてということなんですがね、ちょいとのびましたね。気をつけなきゃいけないとこです、はい。僕がしゃべりすぎです、はい。いろんな反省をしながらも良いライヴではなかったかと・・・ま、かように思う次第でございます。

10月4日(金)
娘は幼稚園の年長クラスで、来年卒園ということになりますな。3月に謝恩会があって、ひょんなことから伝の会に出演依頼が来たのであります。その第一回目の打ち合わせのために、年長クラスのお母様たちで構成されているところの「修了対策委員会」の方たちに呼ばれまして、ビデオ持って幼稚園へ行ってまいりました。お母さんたちだって伝の会が何をやっているのかはわからないんですから、そりゃあ不安でしょうな。ですから、ええ、ビデオ見せてくださいというのもよくわかるところなので、マンダラでやった「ドクターてつくろとナースくにこ」のビデオを持っていった次第であります。・・・よけいわからんじゃろがーー
午後になりまして、文化座に6日のリハに行きました。「大勝負」の稽古以来でありまして、なんだか古巣に帰ってきたというような妙な感じがいたしましたです。
夜になりますとお弟子さんたちのお稽古でございます。本日もよう働いたなぁという感じでございましたぁ。

10月5日(土)
ついに、娘にちゃんとした縄跳びを買うことができた。さて特訓だぁ。それそれそれー。飛び方が重たいんだな実に。お尻が重いのか、何回もピョンピョン飛ぶということができないようですなぁ。訓練訓練じゃ。お弟子さんにも教わったりしてすこーしずつ上達している。

10月6日(日) 文化座記念パーティ
文化座の記念パーティで演奏させてもらった。邦さんが教えているということで役者さんたちと一緒に弾かせていただいた。まぁそれが実に良い感じで、邦さんの編曲が良いこともあって、良い演奏でとても盛り上がった。うーーん、うまいもんだなぁとがんばった役者さんにも思ったが、邦さんのすごさを感じた次第ですわ。よーし、こうなったらウチのお弟子さんたちにも合奏させてみよっかなぁ。和佐次朗さんもそういうこと良くやっていたものなぁ。やってやれないことはないかもなぁ。

10月7日(月)
クイズ番組を娘と見ていた。
「牛肉はビーフ、では鶏肉は?」
「ちきんー」
「おっ、よくしってんなぁ、ハハハ、お姉さんになったなぁオマエハハハ」
「結婚を申し込むことを何と言うでしょうか?」
「ぷろぽーず」
「おっ、おませだなぁ、ハハハ」
「パンや氷をはさむものを何というでしょう?」
「とんぐー」
「お、オマエなんでそんなこと知ってんだ?!」

10月8日(火)
最近、幼稚園のごく一部の園児に人気がある。今日もお迎えにいったらごく一部の園児が「カッコイイ」と言うので、「おおそうかそうか、君はなんて素直ないい子なんだぁ」と言って頭をなでていたら、その子のお母さんが「そうなんです、いい子なんですよぉ」と言っていた。・・・そう言うときは、なんて返事をしておこうか?

10月9日(水)
ちゃんとした縄跳びを買った日から毎日縄跳びの練習をしている。娘は何回飛べたかをいちいち記録している。
[スータト(スタートのことらしい)0 5 3 1 1 7 2 1 1 10 9 8 7 0 0 0 ・・・14 1 16 17 ・・・]
0回の時は記録しないでもよさそうなものだが。
とにかく最高で17回連続で飛べるようになった。みるみる上達するのだから子どもっておもしろいなぁ。あののんびーりしたウチの娘でもこの程度のびるのだから、よその子どもさんなんてのは、すっごいのだろうなぁ。子どもっていいなぁ、すぐに上達して・・・・。

10月10日(木)
久しぶりに電車に乗った。このところ出かけずにジッとお稽古場でほと んどの時間を過ごしていたのだ。電車に乗って驚いた。だってTシャツ一枚で乗っているのは僕だけなんだもの・・・。だいたいの人がジャケットを着ていて、なかには薄手のコートを着ている人までいる。世間は秋になり冬にむかっているのね。いやー、ビックリしたぁ。そういやあちょいと寒いよなぁ。あはははまいったまいった。

10月11日(金)
昨日電車に乗ったことによって、今の正しい季節感覚を知った僕は、昨 日までのTシャツ一枚の姿をやめ、今日は三枚も着ている。運動会の練習をしているというので幼稚園に見に行った。年長になると園児たちのあこがれの「組体操」を披露することになっている。年少の父兄だったころは「へー、年長になるとあんなすごいことするようになんのかぁ」と感心していたものだが、今目の前の園庭ではヒザにちっちゃなサポーターをつけた娘たちが必死にやっている。彼ら彼女らにとっての三年間はどんなんだったんだろうなぁ?

10月12日(土)
琵琶湖の近所に来ています。良いところですなぁ。「三味線持って○時○分の新幹線に乗るように」との伝言に添ってやってきましたな。「綱館」をやるということは聞いていましたが、メンバーとか場所とかは聞いてないですな。「なんと無責任な」と思われるかも知れませんが、だいたいこんな感じなんですよね。ただ「綱館」をやるだけだと思ったら伝の会もちょこっとやるんだったのです。これかなかなか楽しいものでした。丸三の社長をインタビューしたりね。丸三って岐阜の有名な糸屋さんです。僕も20年近くそこで調達させていただいているんです。20年来のおつきあい(?)ではじめて社長にお会いしました。丸三の社長がいらっしゃるというのを楽屋で聞いた僕は、ちょうど三の糸が無くなりかけていたので注文して持ってきてもらっちゃいましたぁ、ヒャヒャヒヤ。  

10月13日(日)
運動会に僕が欠席するため、鉄平くんにビデオ撮影を頼み、友だちやお弟子さんにきていただいたりした。
夜中0時すぎに帰宅するとグッスリ寝ていた娘が起き出してきた。
「きょうの運動会どうだった?」
「ゆめのようだったよ」
「みんなに来てもらって良かったな」
「ゆめだったのかもしれない・・・」
みんなに来てもらってよほどうれしかったのだろう。

10月15日(火) ちょんまげライヴ
久々にちょんまげライヴです。幕があいてお馴染みのお客様の顔をみたら、なにやらホッとしましたな。邦さんも同じ気持ちだったらしい。ちょんまげライヴはほんとにリラックスして出来るライヴですなぁ。お客さまもすっごくリラックスしてらっしゃるんでしょうなぁ。昼夜とも楽しい時間でした。「このライヴが一番楽しくて勉強になるのよー」とか言われますなぁ。ちょいと複雑な気持ちになりますなぁ。

10月16日(水)
事務所の後輩で中国にも一緒に行った津軽三味線の二人組、あんみ通。初めてお江戸日本橋亭でライヴをするというので、どんなんかなぁ?と思い見にいった。思えば今までこの娘たちのライヴをちゃんと見たことがなかったなぁ。いやぁ、実際見て聴いてみると、なかなかいいんだよなぁ。バリエーションも豊富だし。うーん、おもしろいおもしろい。


前へ 伝の会TOP 次へ 戻る