前へ 伝の会TOP 次へ 戻る

鉄九郎の青?裸々な日常 第91号


2003年 5月1日〜31日

劇団前進座「髪結新三」/親遊会/南青山マンダラライヴ

5月1日(木)
前進座が恒例の国立劇場公演を今月行います。「髪結新三」です。良いですねぇ。大好きですねー。今日初めて稽古に行かせていただきました。

5月2日(金)
休養日ー。休むーーっ。何もしなーい。らーめん食べに行くぐらーい。

5月3日(祝)
黒みす音楽を弾くときの心得があります。つまり長唄演奏とは違うということなんですね。音の出し方が違います。弾き方が違うということですね。あとは芝居への入り込み方みたいな部分ですね。こういうことを難しいと思うか、楽しく思えるかで違ってくるんでしょうな。「だって僕らは長唄の三味線弾きでしょ、黒みすって違うジャンルだものぉ、やんないよぉ」という人もいますね。

5月4日(日) 日刊工業ホール
明日の下ざらいですな。今回邦さんとこと僕んとこのお弟子さんたち合同で「越後獅子」を出させていただくことになっている。初めてのことだ。ウチのお弟子たちがちゃんと弾けるかどうか?とにかく朝早くに集まってみんなで練習をした。

5月5日(月) 親遊会 三越劇場
子どもの日。良い天気。(松永)鉄十郎師匠会主のお浚い会当日でござんす。ウチの娘6才、奈緒(松永和佐比奈)ちゃんの娘2才、ヒロキ(松永忠次郎)の娘4才の順に舞台に登場。幼児が三つ続くとなかなかの見応えがあるものだ。
さてお弟子さんたち合同の「越後獅子」の始まる前、いつものように思いっきりプレッシャーをかけるが、みんな堂々とした舞台だった。いやぁ、初めてこういうのやったから心配だったが、良かった良かったですわ。僕のとこに稽古に来ていた師匠のお弟子さんたちもなかなかの出来映えでホッとしましたわ。とにかくたくさんのお客さまにご来場いただき師匠も喜んでいました、なによりでございます。ひとまわり大きくなった(中村)獅童くん(編集部注:歌舞伎俳優。鉄九郎は彼の三味線の師匠)もなかなかのものでした。

5月6日(火)
「おいティッシュなくなったな、取ってきてくれよ」
「はーい・・・いちまいとって」
「うん?」
「ティッシュのいちばんさいしょにとるときってきんちょうするよね」
「おう、二枚とれちゃうからな、一枚だけとれるようにそーっととるんだ」
「そうそう」
「あっ、おまえもそうしてたのか?」
「うん、さすがねずみ(子年)」
「よっ、ねずみの親子だな」

5月7日(水)
国立劇場で総ざらい。髪結新三良いですなぁ、好きな演目ですなぁ。

5月8日(木)
国立で舞台稽古のあと、すっとんで吉祥寺へ。久々に李朝苑(焼肉)へ。んまーーーい。

5月9日(金) 髪結新三初日
五月に国立での芝居を弾くのは久しぶりだ。

5月10日(土) 国立劇場
朝、国立に行く途中で天ぷらそばを食べ、昼、(杵屋)勝彦くんとマサル(松永忠史朗)と神保町へ行き、天ぷら定食を食べ、夜、お寿司のエビ天巻を食べる。胸焼けがしないわけがない。

5月11日(日) 国立劇場
国立劇場から「劇場バス」というものがある。終演後お客さまを新宿駅や東京駅まで運んでくれるのだ。ま、ご存じの方も多いと思いますが、私はご存じなかったのです。へぇー、そんなら乗ってみましょうかということになりましてね、新宿までのバスにね。乗ってから気が付いたんですがね、僕はバス酔いすることに・・。

5月12日(月) 国立劇場
昼公演と夜公演がある日と昼公演のみのときの二種類あります。本日は昼公演のみなので帰宅してお弟子さんのお稽古をします。お弟子さんをとってる人はみんな今日がお稽古日なんですな。

5月13日(火) 大阪松永会 テイジンホール
夏だー。大阪は夏だー。あつーい。上着ぬぎてーーぃ。堺筋本町のテイジンホールへ。明日ここで松永会(演奏会)が行われる。今日は下ざらい。和寿三郎くんの「君の庭」とマサキ(忠一郎)の「吉原雀」につきあいます。夕方に終了ー。ねむーい。たまらなく眠い。ホテルで昼寝してから待ち合わせの夕食にでかけたいが、ぐだぐたしているうちに集合時間をすぎてしまった。大勢でご飯食べて飲みにいって、例年のように例年の時間にホテルへ戻る。あわててシャワーを浴び、あわてて寝る。

5月14日(水) 大阪松永会 テイジンホール
あわてて寝たがアッという間に朝がやってきた。あいにくの雨だ。ホテルからテイジンホールまでは徒歩。雨の中、傘なしで歩くには遠い。でもタクシーに乗ったら怒鳴られそうな距離。う゛ーーー。仕方がないとトボトボ歩く。

5月15日(木) 国立劇場
国立劇場への通勤は通常自動車で行くのだが、今回は主に地下鉄で通っている。有楽町線で「麹町」駅まで二十数分、地下鉄は便利である。「麹町」から国立劇場までブラッと歩く急げば10分はかからない距離だ。暑くもなく寒くもないこの季節を少しでも堪能しようと思っている。
いつものように仕事を終えて駅まで歩く。何気に改札を通りホームに降りる。「???」はてさて、しばし自分がどこにいるのかわからなくなった。えっ?・・・・・・・??しばーし佇みようやく気が付いた。僕は半蔵門線の「半蔵門」駅のホームに立っているのだ。あれ?確かに「麹町」に向かって歩きだしたはずなのになぁ。よっぽどボーッとして歩いてんだろうね。

5月16日(金) 国立劇場
「♪よめさんのあかちゃんがかぜひいたぁぁ〜」
「オイオイ、そりゃ、ごんべぇさんのむすめだよ」

5月17日(土) 国立劇場
ここんとこ雨がふったりやんだりの天気です。朝傘さして出かけて、帰りはやんでたりなものだから、楽屋に「鉄九郎」の千社札がついた傘がたまっています。

5月18日(日) 国立劇場
前進座の座頭の中村梅之助さんと中村梅雀さんは親子である。なにもここでまことしやかに書かなくてもと思いますが。有名な親子です。
歌舞伎を見ると「○○もいい役者になってきたねぇ、お父さんそっくりだね」とか「ああ、まだ若いからね。あれで歳がついてくりゃあお父さんみたいに立派な役者になるよ」と聞こえてくる。なかには「お父さんはうまかったんだけどねぇ・・・」などと言われてしまう方もあるようなないような・・・・。なにも「親子」は歌舞伎に限ったわけではなく、社長が引退して次の社長がご子息ということも多々あるし、商店などは代々そういう血縁で続いているとこもざらにある。
長唄界でもそうです。
新人を後輩が連れてきて「こちら××さんです。△△さんの息子さんで」てな紹介のされ方をする。それが悪いというわけではなくて、とてもわかりやすくて良いのですが。「こちら××さんです」と言われたときにはこっちは先輩だ。「おうっ、俺はてつくろってんだ、まあ頑張っておやりなさいよ」的なことを言ってやろうと思ったその時に「△△さんの息子さんで」と来ると、「えっ、あはっ、ぼくはてつくろっていいます。お父様にはとーってもお世話になって・・・ああ、そうでもないけど、えへへ、でもおとうさんスゴイよねえ。へへっ、尊敬してんだ僕、君もうまいんだろーね、今後ともよろしくね」などと、ヘラヘラしてたりして。
これが、これが許せないのだ。なーんて、情けないヤツなんだと涙を流さんばかりにイヤーっなのである。しかも長唄界は八割・・・いや九割は親がやっている人だったりするので、新人が出てきてもおちおち威張ってらんない(たんに威張りたいのかおれは)。
芸が似るというのがある。これはもうなんたって「血」には勝てません。役者で言えば、体つきから所作、声等々。親の芸が好きならば、必ず子の中に親の芸風を探してみますわね。それがまた見ている方には楽しことです。良い意味で、安心して観ていられたりとかもあるかも知れない。
梅雀さんの新三と梅之助さんの大家さんとの二人の掛け合いのセリフの所にくると、「あれっ、今の梅雀さんのセリフを梅之助さんが言っちゃったのかな?」と錯覚してしまうとこがある。ちゃんと聞いてれば、はっきり声が違うのですよ。けどね。トーンとか言い回しとかがね、びつくりするんですよ。

5月19日(月) 国立劇場
5日に師匠の会にウチのお弟子さんたちも大勢で出させていただきました。士気が高まってよいですね。5日のために足並み揃えて練習しました。次は10月4日の「てんの会」に向けてです。まだはやいと思っていたら、稽古日を計算するとそうでもないのです。いやぁ、五ヶ月なんてのはアッという間なのですねぇ。ヒエーーーーー。

5月20日(火) 国立劇場
昼夜公演が終わりのすっごい雨と雷がおさまった頃、有志と四谷三丁目でいっぱい飲んだ。生ビール二杯ほど飲み、あとウーロン茶ですごすが、帰りの電車で気持ち悪くなった。うあーーー。

5月21日(水) 国立劇場
昼一回公演の今日、千秋楽一日前ということだが、「みなさんお疲れさま会」と言う感じの食事会が行われた。帰りの電車でやっぱ気持ち悪くなった。うあーー。

5月22日(木) 国立劇場「髪結新三」千秋楽
千秋楽ということですね。良いお天気でございます。
昼一回公演だったので稽古場に帰ってお稽古を。
お弟子さんの中にもラーメンの好きな人たちがいてその人たちが集うと自然とラーメン情報交換会になる。あるお弟子さんが「中本」の蒙古タンメンを教えてあげたところ、さっそく行って来たという。どうだった?どうだった?辛かったでしょ?おいしい辛さだけどね。汗いっぱいかいた?鼻水とかでたっしょ?な、なにーーー?!「中本」の蒙古タンメンを食べてもさほど辛さを感じないだとーーっ、頭から汗が出ないだとーーーっ。お前は何者じゃーーー!?前からちょっと違う感じがしていたが、やはりなんか違う感じのヤツだったのかー
!うーーー、いろんなヤツが弟子になっとるぞーー。

5月24日(土)
邦さんと稽古をします。来週三種類のステージがあるのです。

5月25日(日) リゾーピア箱根
邦さんと私は箱根湯本に降り立ちました。「ひっさしぶりだなー」と邦さんはいたく感激しています。なんでも若い頃、やんちゃだった頃ですね、バイクとかでしょっちゅう来ていたのだそうです。まぁちょっとは悪さもしたんでしょうかね?ま、ここだけの話ですけどね。えっ?邦さんが「悪かった」という過去を持っていることをご存じないって?あら?そうでしたか、伝の会のお客さまには想像つかないですものね。実はね・・・・いや、またこの次の機会にね、ボチボチと触れていくことにいたしましょう、ははははは。
お迎えの車にのって一路強羅へ。この道は邦さんは娘さんと一緒に歩いたことがあるんだそうで。えっ?この話も知らない?ああ、これはね、今話しちゃいましょう。娘の苑子ちゃんがね小学校六年生の時にね、もう小学校も終わりだからという記念にね、邦さんと二人で「自宅から富士山の頂上まで歩いて見よう」というイベントをやったのです。一日30キロくらいずつ歩いたんですってよ、すごいですね。なんとスケールのデカイ親子でしょうね。で、そのとき箱根越えでここの道を通ったということです。
リゾーピア箱根は以前に行った鳴門のエグジブと同じサンホテル系列の会員制リゾートホテルなんですね。そこで本日「長唄三味線を楽しむサンクスメンバーズパーティ」というものが催されるわけなのです。 初めて観て聴いてくださるお客さまの前でのライヴ。楽しいものです。音を音楽を一生懸命伝えようと弾くと、ちゃあんとお客さまに通じていくのですね。うれしいことです。泊まりなので、邦さんとベロベロになりました。毎回のことですな。ほんま、よくしゃべることがありますわ。

5月26日(月) 浅草公会堂
強羅から浅草にむかう。
長い移動時間で二日酔いは治りました。
来月の舞踊会の下ざらい。
暑い日でした。

5月27日(火)
伝の会マンダラライヴでは、このところテーマにそって邦さんと僕がおのおの一曲ずつ作るという宿題がありましてね、回を重ねるうちに何曲かたまってきました。もともとは「オリジナル曲をふやそう」みたいな感覚で始めたことなんです。以前は「フト」思ったときに作ったりしていたんですが、いそがしさといいますか、寄る年波といいますか、尻をひっぱたかれないと作れないような状況にありましてね。そいでもってこういう企画を作ってライヴすれば、きっとたくさんたくさん新曲が生まれてくるんだろうとの計算があったわけです。・・・・・そんなには甘くなかったですね。いやー、正直なところ、「テーマにそう」ということがなかなかむずかしいものですなあ。
たとえばね、「川」とかだったりするとイメージ出てきちゃうでしょ。「雪」とかもそうですね。シンシンと降る感じとかね。そのイメージをどうやって裏切るかということになってきますでしょ。なにも裏切らずに作ってもよさそうなんだけど、「お題」として出ているんですから、なんかしたくなっちゃう。できりゃあ「オチ」もつけたいくらいに考えてしまう。意外にヘビーですわ。
「回転木馬」。
そうです五月のライヴのテーマは「回転木馬」だったのです。実際は「遊び」というテーマだったんですが、邦さんのお兄さんが作ったという素敵なメリーゴーランドを飾るというのですから、こりゃあもうテーマは「回転木馬」ということになってしまうわけですよね。自分の作った曲の後ろで回転木馬が回っているんですから、人情でさぁね。さあて、これが難しかった。「くるくるまわる」みたいな曲がどーしても浮かんじゃう。あるフレーズを繰り返してね。なんかわかりますよね。だれでも考えられそうですわね。「ああ、ああ、わかるわかる」「はいなはいな、こう考えたのね、はいはい」「ほほう、ありきたりに作ったねぇ」などと、声が聞こえてきそうですもの。
なんか恥ずかしいっす。そうなんです。「恥ずかしい」んですね。裸をみられてるようなね。そんこと言ったら、今まで作ったオリジナル曲だってみーんなそうなんですけどね。ただ、テーマにそって作るということが、ちょとばかし裸の自分を隠してしまってるとこをみられて恥ずかしい(わかりずらい)。てな感じなんです。それとの戦いですね。そんなうすら恥ずかしい自分を「ええい」とばかりにデーンと大の字になりながら演奏しないと×ですね。こりゃあ絶対いけません。何回かやってきてそれに慣れてきました。これからも続けていきたい企画なんです。

5月28日(水)
コクーン歌舞伎が6月2日より行われます。今回もお声をかけていただきまして、弾かせていただくことになりました。楽しみな公演です。今日から稽古にいかせていただきました。久々に三味線持って渋谷駅で下車し、文化村めざしてテクテク歩く。ブラッと渋谷に来るときと、仕事しに来るときとでは景色が違って見える。
オーチャードホールリハーサル室に入ると前回から時から止まったかのように感じるコクーン歌舞伎の人たち。音。空気。また始まるのだとワクワクしてくる。

5月29日(木) 南青山マンダラライヴ
三か月連続の最後ということです。しっとりとした良いライヴではなかったかと・・・・。ま、自分で言ってりゃ世話ないですがね、ははは。これでしばらくマンダラはナシです。

5月30日(金)
最近ちょっと三味線への「ちから」の入れ方を覚えたようだ。

5月31日(土) 山内地区センター5月開講講座 長唄三味線ライヴ 伝の会
昨年に続き二回目です。山内地区センターにやってまいりました。90分ライヴをいたしました。今年はこのセンターの内すべてが禁煙になっていまして、僕らの楽屋もダメなんだそうですが、特別に「しっかり窓開けて吸ってくださいよー」と注意付きでお許しを得たのです。すると、こちらから挨拶に行く前に館長さんがやってきましてね、「いやぁ、いらっしゃいいらっしゃい、本日はよろしくお願いしますね。いやぁ、しかしね、全館禁煙でねー、大変なんですわ」といいながら吸うこと吸うこと。


前へ 伝の会TOP 次へ 戻る